西明石駅東口より徒歩5分。お体とお薬のことなら何でもご相談下さい。

かなざわ温活ルーム&カラダスキャン ONKATSU-ROOM&SCAN

めざせポカポカ健康体質!イキイキ温活習慣

かなざわ温活ルーム&カラダスキャン

体験バナー

■健康や美容に悪影響を与える「冷え」 冷え性は美と健康の大敵

手や足が冷たい、肩こりがひどい、慢性的な便秘、不眠、重い生理痛……。
これらの症状の原因として、身体の冷えが考えられます。
肌のかさつきやむくみ、目の下のくまなど、美容にも影響を与える冷え。
かつては、女性特有のお悩みとして知られていましたが、近年では、男性の冷えや子どもの冷えも増加中。
つまり、男女や世代を問わず気をつけたいのが冷えなのです。
昔から「冷えは万病のもと」といわれます。
脳血管障害や心疾患、がんといった病気の根本にも冷えが影響しているのではないか?
と注目する研究者も増えています。

■低体温がもたらす体の変化 その症状、低体温

冷えの大きな要因として、現代人のライフスタイルがあげられます。
1年中空調の効いた部屋で過ごす、慢性的な運動不足、冷たい食べ物・飲み物の摂りすぎなど。
私たちにとって快適と思える生活習慣が、冷えのもと
となっていたのです。
冷えの状態を客観的に示すのが「低体温」です。
人間の理想的な体温は36.5~37℃といわれていますが、現代では体温が35℃台という人も珍しくありません。
体温が1℃下がると、体にさまざまな変化が起こります。
免疫力が約30%低下するため、病気にかかりやすく、治りにくくなります。
また、基礎代謝は約12%低くなり、太りやすくやせにくい体に。
体内の酵素の働きが約50%も低下するため、消化能力やエネルギー産生力も落ちます。
つまり、体がだるい、寝つきが悪く朝がつらい、風邪をひきやすい…といった症状は、低体温が影響しているとも考えられます。



■温活ベッドでじわっと体を温める 温活ベッド

そこで注目されているのが「温活」です。
温活とは、身体の中から温めて、免疫力やエネルギー産生力など、人間が本来もっている力を上げることです。
基本的には、早寝早起きの規則正しい生活、運動、食生活の改善などが効果的です。
しかし、ずっと冷えが続いていると、身体が温まっている状態が分からなくなります。
そんな人におすすめしたいのが「温活ベッド」です。
温活ベッドは炭素光線を活用した癒しのベッド。
炭素の電極棒に電気を通し、カーボンをスパークさせて人工的に可視光線をつくっています。
炭素光線を当てることで、血のめぐりをよくし新陳代謝をうながします。
寝ていると、じんわりと体の芯からあったまっていく感じ。
まるで縁側の陽だまりでひなたぼっこをしているような心地よい感覚です。
やさしい暖かさなので、妊婦さんや赤ちゃん、病中病後の方、寝たきりの方にも安心してお使いいただけます。
温活ベッドを定期的に利用することで、冷えがとれた本来の身体の状態を実感できるでしょう。

体験バナー

日々の健康管理に温活ベッドと合わせて試してみませんか
周波数によって身体の健康状態をチェックする
全く新しい発想の健康機器Newscan SWⅡ


病気ではないけれども、なんとなく調子が悪い。
十分に睡眠をとっても、体の疲れがとれない…。
そんな状態が続いていると、気分までユーウツに。
いつかは本当に病気になってしまうのではと不安になります。
自分自身の身体の状態を知りたいと思いませんか?



■聴くだけで体の健康状態をチェックできる Newscan

Newscan SWⅡは、衣服着用のまま専用のヘッドフォンから発する超低周波音を聴くことによって、全身(約630か所)の健康状態をチェックする機器です。
全身から集めた膨大なデータをコンピューターで処理・分析。パソコンの画面に、自分では気づきづらい身体の健康状態を可視化させます。
これをきっかけに生活習慣の改善や健康管理を行うことで、体本来の機能を安定化させ、心身のバランスを整えることにつながります。



■現代科学の粋と伝承医学を融合した健康機器 PC

人体を構成する器官(内臓や骨、筋肉、神経など)は、それぞれ固有の共鳴する周波数をもっています。
しかし、体調を崩すと、その周波数と共鳴しなくなります。この特徴を生かして、全身の状態をチェックするのがNewscan SWⅡのシステム。
ロシア人科学者の独創的な発想と技術によって開発され、インドの古典医学アーユルヴェーダや中国の東洋医学など伝承医学の発想を融合したことから誕生した健康機器です。

昨今では、いつまでも若々しく、健康な心身を保つために、予防医学が注目されています。
Newscan SWⅡを活用して全身の状態をチェックすれば、病気を予防することにもつながります。
心身の健康状態を「見える化」することで、健康管理が可能。その人にとって最適な生活習慣を見出すことができるでしょう。
健康と若々しさは、体の内側から生まれます。
まずは、自分自身の心と体の声を聴いてみることからはじめましょう。



ニュースキャンでわかること